一般外科・外傷|兵庫県三田の内科・外科・消化器科なら澤外科|傷 捻挫 打撲

澤外科
神戸電鉄 三田本町駅より徒歩約10分  Tel 0795632713

一般外科・外傷

一般外科・外傷について

一般外科は、日本外科学会が認定する外科専門医が担当します。当診療科では、表在の外傷(擦り傷、切り傷、咬傷、挫傷、挫創、やけど など)の消毒や縫合といった処置、捻挫や打撲の治療、皮膚のできもの(粉瘤、脂肪腫、うおのめ、たこ など)の摘出などを行います。また、肛門関連の病気につきましても診療いたします。

外傷については、感染を防ぐという意味においても、早めに処置することが大切です。けがをされた場合は、速やかにご受診ください。なお、外傷の中でも骨折や脱臼、靭帯や神経の損傷などについては、整形外科などの専門医療機関を、術後の入院を要するような大きな手術が必要と医師が判断した場合は提携先の病院などを速やかにご紹介いたします。

肛門関連の疾患についてはこちら

一般外科で治療を行う主な疾患
  • 外傷(切り傷・擦り傷・咬傷・挫傷、挫創・やけどなど)
  • 異物刺入(トゲや釘が刺さった時など)
  • 捻挫
  • 打撲
  • 皮膚のできもの
  • 皮下腫瘤
  • 痔の診療(切れ痔、いぼ痔など)
  • 痔以外の肛門周囲の疾患 など

一般外科で取り扱う主な疾患

すり傷(擦過傷)

すり傷とは、表皮(皮膚の一番外側を覆う細胞層)が擦りとられて、はかれた状態を言います。傷そのものは浅いです。ただし、皮膚表面を擦っているので炎症が起きていること、皮膚の浅い部分には神経が密に走っていることなどから、傷が深い切り傷よりもヒリヒリとした痛みは続きます。

傷自体は軽いので、そのままにする方も多いですが、何も処置せずにいると細菌などに感染するようになり、化膿してしまうほか、砂などが入ったままになると傷跡が残ることもあるので、早めに治療を受けるようにしてください。

切り傷(切創)

切り傷は、ガラスや刃物など鋭い器物による体表の傷のことです。鋭く切断されている傷口は、周辺組織につぶれがありません。深さにもよりますが、しばしば多くの出血をきたします。切り傷もすり傷同様に日常的に誰もが経験するものですが、損傷した組織の深さと幅により重症度は異なり、場合によっては、神経・腱・骨などにまで損傷が達していることもあります。

傷が血管、神経、腱まで及び、完全な断裂をきたしている場合は、縫合処置が緊急に必要となることがあります。また、傷口に土やサビなどが入ってしまうと破傷風などの感染症を発症することもあるので、抗生剤を投与して予防に努めるようにもします。なお、出血が多い場合は、縫合処置となりますが、その方法としては糸で縫わずに創傷閉鎖用の滅菌テープを用いる、医療用のホチキスを使って、患部を固定するといったことを行うこともあります。

良性腫瘤の摘出(粉瘤・脂肪腫など)

当院では良性腫瘤の摘出として、粉瘤や脂肪種の摘出も行います。

粉瘤は皮膚が陥入してできた袋に老廃物や皮脂が溜まることによってできる半球状の腫瘤で、顔、首、背中、耳の後ろ、鼠径部などにできます。大きさは通常直径1~2cm程度から、場合によっては10cm以上になることもあります。ニキビとよく似ていますが、黒い点が見られるのであれば粉瘤です。自覚症状はありませんが、細菌に感染すると赤くなって腫れて、膿が出たりするなどの症状が出ます。腫瘍自体が大きくなったり、悪性化する可能性がある場合に摘出による外科治療を行います。多くは局所麻酔による日帰り手術となります。

また、脂肪種は脂肪の一部が腫瘍のように増殖している状態です。皮下に軟らかい固まりとして触れることができます。大きさは様々で全身どこにでも発症します。多くは直径5cm前後ですが、10~20cmになることもあります。単発または多発なこともあり、自覚症状はありませんが神経を圧迫すると疼痛が出ます。なお、大きい場合は稀ですが悪性腫瘍に変化することもあります。脂肪種が次第に大きくなりつつあるという場合に外科的切除による摘出を行います。それほど大きくなければ局所麻酔による日帰り手術ですが、局所麻酔では困難なほど大きい脂肪種、筋肉の中に入り込んでいるという場合は、全身麻酔を用いた入院しての摘出となります。

打撲

体を何かにぶつけてしまい、皮膚や皮下組織などを損傷している状態が打撲であり、打ち身とも言われます。症状としては、打った部位に内出血がみられ、腫れや痛みが伴うほか、患部に熱があるときもあります。

打撲で注意しなくてはならないのは、頭部あるいは胸部・腹部を打った場合で、この場合は速やかに医療機関を受診して、脳や内臓に異常がないかどうかの検査をしておく必要があります。また、手足で起きたとしても、治りが遅いのであれば、骨や関節、筋肉などにも症状が及んでいることも考えられますので、このような場合もお早めにご受診ください。

なお打撲をした直後の応急手当ですが、まず氷水の袋や冷たい水で濡らしたタオルなどで患部を冷やします。その後、腫れが治まってきたら症状に応じて湿布や消炎鎮痛の外用薬などを使用するようにしてください。

捻挫

不自然で強い外力が関節に加わってしまい、関節を支えている「靭帯」の一部が伸びたり切れたりしてダメージを受けてしまっている状態が捻挫です。同疾患では骨折がみられることは少ないのですが、複数の靭帯が完全に断裂するなど重症化することもあります。ただ、靭帯が断裂する際は、必ず関節のずれが生じるので、この場合は捻挫ではなく、靭帯損傷と診断されます。捻挫は関節のある箇所全てで起きる可能性はありますが、なかでも足首の部位で起きるケースが一番多いです。

捻挫や靭帯損傷は、発症時にしっかり固定しないと靭帯が伸びたままの状態になりやすく、これでは関節に緩みが起きるようになります。こうなると捻挫が再発しやすい体質となり、これを進行させると変形性関節症を発症させ、手術による治療が必要になることもあります。そのため発生直後はRICE(安静、冷却、圧迫、拳上)の応急処置をしっかり行うほか、症状によってはギプス固定やテーピング、装具などを使用するようにします。

骨折

上記の打撲や捻挫は、骨折との区別がつきにくいことも多いのです。打撲や捻挫などの外傷では、レントゲンで骨折の有無を確認します。ズレを伴わない、ヒビのみであっても骨折であれば、治癒するのに一定の時間がかかります。レントゲンでの経過観察が必要です。
変形・転移を伴う骨折は一般的に整形外科で治療しますので、必要に応じて専門医をご紹介します。